メッセージ

哲学の道でお話しが出来ました。

今日11月29日、哲学の道で何人かの方にお声がけをし、疏水の目的の話をすることが出来ました。興味を持って頂いた方、ありがとうございます。疏水の話はこのホームページにもあります。

多くの方が何回も来ているとのこと、リピーターさんであることが解りました。哲学の道を本当に愛していらっしゃるのですね。次は哲学の道だけではなく、市内の疏水全体を見渡す、自転車ツァーに参加されませんか? 南駄老も70歳ですが、いつも疏水を自転車で楽しんでいます。シニアの方のために、シニアの方なら三人という制約を外して、お一人でもツァーのお申し込みをお受けいたします。どちらかが65歳以上ならシニアペアーと見なし、お二人でも申し込めます。

また自転車はもう怖いという方には、バスと徒歩でのツァーも、ご用意させて頂きます。この場合お二人以上でお願いいたします。

12月の予定が決まりました

12月のえねるぎぃっ亭の予定が決まりました。チラシの写しを右の画像で見て下さい。クリックすれば拡大され、保存印刷も出来ます。

詳しいことは、サイエンスカフェのページ およびLRTカフェのページでご覧下さい。

また疏水ツァーもこのホームページにあるように、予約制で実施しています。紅葉の時期が過ぎた哲学の道、自転車で運動すると、暖かく健康にも良いですよ。そして季節を通して快適なえねるぎぃっ亭から出発しそこに戻る。冬の寒い時期におすすめです。

12月の営業のお知らせ

えねるぎぃっ亭メッセージ

2016年までのエネルギー消費データを、IEAのホームページで見ることが出来ます。(統計が確立して発表されるので、大体二年遅れになります)

久しぶりにIEAのデータを見てびっくりしました。原発事故にもかかわらず、日本では第三次産業での電力消費が増えているのですが、2009年から、2016年の八年の間に、年間の第三次産業の電力消費が、1.6Mtoe増えています。これは新幹線や通勤電車で大量に消費されていると考えられている、鉄道での電力消費(電車で消費する電力)の、1.5Mtoeを上回っています。どうです。びっくりしませんか? 原発事故を挟んでいるにもかかわらず、安倍政権のがむしゃらな経済発展に伴う電力消費の増加は、日本全体の鉄道の電力消費そのものを上回っているのです。これは近年特に林立する高層ビルの増加によると思われます。言い換えれば、近年林立する高層ビルの電力だけで、日本の鉄道網を二倍にしてその電力を供給できるのですよ。全国の主立った都市にLRTを敷設しても、充分まかなえます。高層ビルとLRT、どちらが未来社会のためになるのか? 明らかでしょう。 ちなみに家庭での電力消費は、わずかながら減少しているのです。

このことも含めて、今月18日と19日のえねるぎぃっ亭では詳しくお話しします。

えねるぎぃっ亭の基本をお伝えするメッセージを二枚、jpgファイルとして添付します。良ければダウンロードして、チラシとしてお使い下さい。