ホーム温暖化とエネルギー琵琶湖疏水とエネルギー

琵琶湖疏水とエネルギー

琵琶湖疏水の本線と分線

まだお読みでない方は、先に哲学の道を読んで下さい。

琵琶湖疏水には本線と分線があります。哲学の道は分線です。分線は本線と蹴上で別れます。
疏水は琵琶湖からいくつかのトンネルを抜け、山科を通って蹴上に達します。そして本線と分線に分かれるのです。

疏水は蹴上までごく緩やかな傾斜で流れてくるので、琵琶湖に比べて水面はわずか4メートル下がるだけです。大変な難工事であったトンネルなどを通った後で、このような正確さを保っていたとは、当時の技術の高さに驚きです。水面の高さを保つことが、水力エネルギーにとって、大変重要なポイントとなります。

後でも見ていきますが、疏水は実に良く計算されています。北垣の日記「塵海」を読むと、北垣自身候補地を丹念に視察した様子がわかります。測量技師の島田道生が、田邊朔郎と同様日記に頻繁に出てきますが、島田が正確な測量をして疏水をどこに通すか丁寧に決めていったことは、後述の文で納得してもらえると思います。

分線は有名な南禅寺の水路閣の上を通って見えなくなり、南禅寺の裏を通って、若王子で再び姿を現します。ここから北へ向かう疏水べりの小径が、哲学の道と呼ばれています。では本線はどこへ流れたのでしょうか?

南禅寺水路閣です。奥へ流れた水はいったん見えなくなります。

水路閣直前の水の流れです。

蹴上‐疏水心臓部

水路閣に流れる水をその上流にしばらく辿っていくと、いささか殺風景な広場に出ます。広場に面して大きな水溜まりがあり、分線はそこから流れ出しています。ここが本線と分線の分岐点、疏水の心臓部です。疏水を文化遺産に登録したいと京都市は考えていますが、それならもう少しここを整備すればいいのに。

気が付かない人も多いようですが、注意深くあたりを探すと、水管が二本、京都の中心部方面に向かって降りているのが見えます。この水管が疏水本線の源流であり、また落差を利用して水力発電を今でも行っている、自然エネルギー産業革命としての琵琶湖疏水の大動脈なのです。

地域水力発電を用いた地域産業革命は、北垣‐田邊の、当時最強であったであろう地域開発グループの最大の業績でした。北垣の日記「塵海」には、北垣が京都府知事に着任した翌年4月に早くも琵琶湖疎水計画を様々な人に精力的に説得する様子が描かれていますが、4月の日記に「京都は商業の街ではない。工業の街である。したがって京都を復興させようと思えば工業を活性化することが上策である。」みたいなことが書いてあります。ここでいう工業はむろん西陣織や友禅など伝統産業を意味しています。事実京都の人々の進取の気風もあり、西陣織など伝統産業が、西洋技術を導入することにより、新しく高いレベルに上がっていったことは、西陣織会館の展示を見てもわかりますが、その技術を疏水の電力が陰で支えたのです。また日本初の路面電車がこの水力を利用して導入されますが、電車はこの程度のエネルギーの電力で動くのだということを実感してもらうためにも、全国の人、いや全世界の人に見てもらいたい二本の水管です。
蹴上という地名は多くの人にはなじみない地名かもしれません。祇園とか河原町とかいう地名は多くの人に知られているでしょうが。そう哲学の道も多くの人が知っています。でも蹴上が疏水の心臓部なのです。疏水を記念して蹴上公園が二本の水管のすぐ先にあります。そこに若き技師田邊朔郎の像が立っています

蹴上水力発電所の二本の水管

田邊朔郎像

疏水本線

蹴上公園からは京都の眺めが良く、しばらくそれを楽しみましょう。
公園から市内を眺めるとすぐ目に付くのは、公園から坂を下っていく車幅が大きな二対の鉄道線です。これがインクラインです。国の史跡に認定されています。インクラインの上の出発点を見ると、入れませんが水たまりがあります。これが大津から流れてきた疏水なのです。

疏水の目的の一つが水運でした。大津から京都まで物資を運んだのです。大津から疏水に入った船は、ここ蹴上の地まで、疏水の上を人に引かれてやってきました。ここを蹴上船溜まりといいます。そして船は荷物を載せたまま台車に乗り、インクラインを下って行ったのです。三十数メートルの落差を船が移動できるよう、インクラインが作られたのです。船は疏水本線の出発点である、南禅寺船溜まりにインクラインを伝って降りてきていました。

南禅寺船溜まりに降りてきた船は、再び水の上を走行しました。そして鴨川へと向かっていったのです。この疏水本線は現在も残っています。多くの人は疏水と意識しないでしょうが。疏水本線は平安神宮の大鳥居のすぐ南を流れ、直角に曲がり北進し平安神宮の脇まで達し、また直角に曲がり西へ方角を変え、鴨川に達するのです。

右に疏水本線の写真を二つつけてあります。クリックで大きくなりますから、よく見てください。ああ行ったことがあると思われる人は多いのではないでしょうか?一枚目の写真は昔南禅寺船溜まりだった地域の写真です。このすぐ右にインクラインが下りきるところがあります。遠景は比叡山と大文字山。右に半分見えている建物が、琵琶湖疎水記念館です。噴水が見えますが、この噴水は動力を使わず、蹴上の疏水から直接管を通し、上向きの管から出た水は元の水面近くまで吹き上げるという現象を利用しています。高度差が大きいので、実に見事な吹き上げぶりです。

二枚目の写真はロームシアター京都の脇を流れる疏水です。奥に小さく見える朱色と白壁の建物が平安神宮です。疏水本線はこの後鴨川へと流れて行きます。鴨川までの疏水べりは、とても快適な散歩道ですよ。途中向こう岸に北垣の銅像が立っているのですが、遠くで良く見えません。

インクラインの台車に乗った船

南禅寺船溜まりだった場所

京都ロームシアター脇を流れる疏水

分線はもともとは本線だった

ここまで来ると一つの疑問がわいてきませんか? 何故疏水分線が作られたのでしょう?疎水の二大目的‐エネルギーと水運‐は蹴上、南禅寺、鴨川へと向かう本線で充分達成されています。

最初の写真は哲学の道の南端若王子あたりから京都市の方向を見たものです。屋根が並んでいるさまが見えるのは、建物の地面よりこの場所が高いからです。そう哲学の道に沿った疏水は、山の斜面を流れているわけです。

山の斜面を流れる水流は当然斜面を下に向かって流れます。ところが疏水はほぼ同じ高さを保ちながら、等高線に沿って流れて行きます。実際この疎水の道筋は島田が注意深く測定して決めたものに違いありません。次の二枚の写真は哲学の道の写真ですが、疏水はすごく静かに流れています。この写真でも疏水が山の中腹を流れていることがわかります。高いほうが東、低いほうが西です。

大津から蹴上まで疏水はできるだけ高度を下げないよう工事が行われました。同様に蹴上から銀閣寺に至るまで、やはり注意深く水位を下げないよう工事がおこなれたことがわかります。その理由についてヒントが琵琶湖疏水記念館に展示された琵琶湖疏水起工趣意書にあります。

趣意書で北垣は石炭を排し、水力で動力を得ることを考えました。そして京都に流れる桂川、鴨川、白川について、その良否を考えます。まず桂川は京都の中心部から遠い理由で排除されます。鴨川は増水時にあふれかえるので使えないとします。事実北垣の日記を見ると、鴨川の増水対策にしばしば対応を迫られるさまが見て取れます。

最後に白川を考えますが、若王子から鹿ケ谷に流れる疏水と白川が作り出す構造が、疏水の最初の構想の心臓部であったことがわかります。二つの流れの間の傾斜が急なので水車に適していると評価します。そしてその能力は318馬力だとエネルギーの量も評価するのです。高低差を流量を基に計算をするのですが、むやみに自然エネルギーだから使うみたいなことは決してしていないのです。318馬力と言えばおよそ250キロワットです。

そしてさらに面白いことに琵琶湖の水を引いてきて白川と合流させたらその能力は増加すると書いているのです。初期の計画では水力エネルギーは水車を意味していました。

哲学の道沿いの疏水道は最初の計画では疏水本線だったことが推論されます。疏水は蹴上で流れ落ちずに、本線は白川と合流すべく北へと向かったのです。高度をできるだけ保ちながら注意深く。それが山の中腹をほぼ等高線に沿って静かに流れる不思議な流れを作り出したのです。自然を模倣し、自然に溶け込んだ、繊細で美しい人工の美という伝統を取り入れながら。だから不思議な空間を作り出し、哲学者が思索にふけるために好んだ散歩道を作り出したのです。

銀閣寺への参道に沿った部分を気を付けて歩くと白川と出会う場所があります。疏水はここで白川とほぼ同じ高さになります。つまりここで合流することが可能になっていたのです。合流させる必要がなくなったので、疏水が白川の下を通って西に向かうよう、工夫が凝らしてあるのですが。ほぼ同じ高さなので結構面白い構造になっています。流れの交差点です。

一番下の写真は疏水と交差した直後の白川の写真です。疏水と異なってかなり急な流れだと解るでしょう。最初の計画通りなら、ここら一帯に水車が立てられ、伝統工芸を生かした工業の地になるはずでした。

それでも何故計画変更後、疏水本線が水力発電に使われるようになっても、分線を作る必要があったのでしょうか?起工趣意書には観光資源とは一切書かれていません。
それも起工趣意書にヒントがあります。灌漑、防火、衛生の目的のため、分線が流れの交差点までひかれました。さらに分線として疏水は哲学の道を離れた後も、北へ、北西へ、西へ南西へと、大きく曲がりながら、洛北の地を流れるように作られました。洛北の地は当時田畑でした。今では疏水は人の心を和ませるゆったりとした水の流れを作り出しています。、

哲学の道から見た京都市内

哲学の道(南を見ている)

哲学の道(北を見ている)

疏水と交差した直後の白川

その後の白川

白川を下流に辿りましょう。哲学の道に並走するように、だけど流れは逆に南に、そして急流を保ちながら、流れ落ちていきます。そして疏水本線と合流するのです。
これは予定通りでした。もう一度その場所の写真を右に載せます。ここはそういうわけで白川でもあるのです。

計画のある段階では、船はインクラインを使って蹴上から直接この場所に来るが、水は大きく迂回して今の哲学の道を通り、銀閣寺で合流後増水した白川としてここに流れて来るはずだったと考えられます。
そして白川は平安神宮の鳥居あたりで疏水と別れます。これは最初の計画でも同じだったはずです。何故なら疏水本線は船を浮かべ鴨川に向かうことは最初から変更がありませんでしたから。
そして白川は、少し下流の祇園で、再びその顔を変えます。有名な祇園白川です。

お時間がある方へ

お時間があれば、さらに千年文化を考える会のホームページを散策して下さい。

>> エネルギー豆知識のページへ

>> 変わる交通手段のページへ

>> 千年文化を考える会トップページへ