会誌

「もう一つの近代化」を作成しました。

新しい小冊子として、「もう一つの近代化」を作成しました。副題は「京都・琵琶湖疏水物語」です。このホームページに紹介している琵琶湖疏水の話をより詳細に、北垣日記「塵海」や琵琶湖疏水起工趣意書などを引用しながら作成しています。カラー版32ページです。京都での活動として、琵琶湖疏水ツァーがありますが、そのテキストにもなります。テキスト代はツァー料金に含まれます。

過去に作成した小冊子

えねるぎぃっ亭では2013年度から、毎年年度末に小冊子を作成し、読み物として、エネルギーについてのわかりやすい解説を提供し、カフェに参加された皆様などに、お配りしました。すべてA4判で二段構成となっています。過去に作成した小冊子は、以下の通りです。

2014年3月  脱原発は可能である      15ページ
2015年3月  エネルギー百年の計      24ページ
2016年3月  自然エネルギー未来社会へ   32ページ
2017年3月  未来は現代の延長にはない   32ページ

今後当会はNPO法人を目指しますが、会員になってくださった方に配布いたします。また会誌として今後も小冊子作製を続けていきます。また低額ながら有料とするなど、営業活動に繋げていきます。