地方分散型社会へ

地域分散型社会へ

自然エネルギー未来社会は、地域の自然エネルギーで、持続的な町が、主として鉄道ネットワークで結ばれた、地域分散型の社会となります。

当ホームページ表紙のページで論じたように、化石燃料は急速な都市化という現象を生みました。工業が発達し、巨大化する工場が貪欲に必要とするエネルギーを、石炭という化石燃料が供給しました。そして巨大化する工場は多くの人手を必要としました。その人手は農村から工場がある年へと、人口の移動を進めました。

石油と電気はむしろ第三次産業を肥大化させました。ビジネスマンという、士農工商で言えば最下位に置かれた職業が、成り上がりも甚だしく、アメリカの大統領にまでなってしまいました。産業革命を本家本元のイギリスよりわずか遅れて開始し、その伝統を受け継いだ優秀な技術と工員を持ったある国の自動車会社を、国外から来た英雄のように振る舞い、立て直して(首を切って)莫大な利益を己が手にし、そのある国から裁判を受けそうになったとき、大手を振って去っていったのもビジネスマンと言う、最下位の身分の商人でした。その国はかつて士農工商という身分制で、商人が思い上がるのを防ぐ文化を持っていたのですが。今その国では、CO2削減もビジネスチャンスとしか捕えず、したがってその本来の目的を全く達成できず、SDGsに対しても同じ事をやろうとしています。その思い上がりを天が懲らしめたのが、コロナウィルスです。

冗談(本音?)はさておき、石油も産業と社会を変えました。都市化がますます進み、大都市には高層ビルが建ち並ぶようになりました。高層ビルは巨大なエネルギーを必要とし、その電力を補うためには、原発が必要とばかりに、原発の再起動が進みます。震災からの復興のため、東京オリンピックが招致されましたが、その復興の名を借りて、高層ビルが林立するというのは、悪い冗談でしかないでしょう。その東京オリンピックが、コロナウィルスによって、開催が危ぶまれています。昔の日本文化では、天罰という言葉がしっくりくるのではないでしょうか?

高層ビルの消費エネルギーの大きさについては、近日ページを書き加えます。

高層ビルが建ち並ぶ町を、自然エネルギーで支えるのは無理です。化石燃料が高価になったとき、恐らく数十年後、負の遺産になるでしょう。震災からの復興は、原発という負の遺産を更に増やし、東京にビルを林立させることによって、負の遺産を増やしてしまいました。

お問い合わせ